アパートのレンタル:虐待的な代理店手数料を避けて払い戻されます。

代理店を通じてアパートを借りる場合、予想される費用がかかります。

一部の費用は正当で正当なものですが、他の費用は虐待的です。

職業上の受託者である私自身、数年前にこの問題に直面しました。私は問題なくではなく、私の訴訟に勝ちました。

だからあなたの人生を楽にするために、ここに不動産業者からの虐待的な請求を免れる方法があります。

代理店はテナントにどのような料金を請求できますか?

アパートや家賃の代理店手数料

所有者が不動産の管理を不動産専門家に委託することを決定した場合、不動産専門家は、委任により、所有者の代表者になります。

代理店は、委任により所有者に法的に拘束されていますが、テナントには拘束されていません。テナントは、彼がリースに署名する所有者とのみコミットします。

これが、賃貸関係を規定する1989年7月6日の法律の適用において、代理店が法的に定義された特定の費用についてのみテナントに請求できる理由です。

モルガンが前のヒントで思い出したように、代理店は完全に設立され、テナントから住宅に関連する家賃と料金を徴収し、賃貸契約が締結されたときに報酬を受け取ります。これらの賃貸借契約料は、通常、1ヶ月分の家賃に相当します。

しかし、彼女は彼を他の金額と呼ぶことはできません。 1989年の法律のセクション4は、賃貸契約の不公正な条件のリストを規定していますが、一部の機関は依然としてそれらを無視しています。

虐待的な料金の3つの定期的なカテゴリ

1. 経費 在庫 (の間に 60および80€ 一般に、宿泊施設に入るときと出るとき):1989年の法律では、1つのケース(執行吏の介入、この場合、請求書は2つに分割されます)を除いて、テナントは備品の在庫を確立するための費用を負担します。

2. の費用’領収書または切手の送付 (これは、月額および領収書ごとに€2.50に達する可能性があります。または 年間30ユーロ):これは虐待的な慣行です。

所有者またはその代理人が領収書を提供する義務を負っている場合、領収書を送付する義務はなく、このサービスに請求する権利もありません(1989年法律第21条および02/14 /の大臣の対応n°9919 1994)。

3. 同様に、 遅いペナルティ または、小切手が拒否された場合(1回の取引あたり10ユーロから30ユーロの間)、 支払い方法、小切手のように、月額約€5(つまり、 年間60ユーロ)、 コピー、自動賃貸更新、彼のアカウントのインターネット相談...テナントに請求する必要はありません。

したがって、テナントは、これらの過剰な料金を尊重することを拒否することができます。また、すでに支払いを済ませている場合は、払い戻しを受けることもできます。

署名する前にこれらの料金を回避するための2つのヒント

これらの費用を回避するために、委任を出すとき、代理店手数料は無料であり、テナントが不当に支払われた場合にテナントが彼に反対することができるので、警戒するのは所有者次第です。

テナントはまた、各ステップで注意を払う必要があります。

1. 不動産業者 賃貸契約が締結されるまで、お金を払うように頼むことはできません。 宿泊施設の予約は無料です。リスト商人はあなたに潜在的にあなたに興味があるかもしれない商品のリストをあなたに売ることを申し出ます。

事前に対価を知らなくても、支払う準備ができているかどうかを判断するのはあなた次第です。私は個人的にそれに対して忠告します。

2. 賃貸借契約書に署名するときは、代理店の請求書や、その時に支払われることが多い最初の家賃の領収書など、渡された書類を注意深く読み直してください。

各料金の詳細 あなたの責任とは何かを特定するために、そして説明を求めてください。マンデートに賃貸借料が含まれているかどうかを確認し、請求額と比較してください。

手に負えないと感じた場合は、すぐに報告してください。これらの費用が契約で規定されているために合法であるとエージェントがあなたに言った場合、それは間違っていると彼に伝えてください。 そのような条項は「書かれていない」と見なされます 1989年の法律の下では、つまり、それらには価値がありません。

これが私たちもできる理由です 返金 これらの合計の。払い戻しを受けるための制限期間は5年です。

あなたがすでに支払ったときに払い戻される

不動産業者に不当に支払われた金額が払い戻される

私のように、過去5年間にそのような費用を支払わなければならなかった場合でも、お金を取り戻すための解決策があります。

1. まず、関係する項目と争われている金額、および上記の法的正当性を記載した、代理店への受領確認を記載した書留郵便を作成します。こちらから標準メールを直接ご利用いただけます。

これは私が私のお金を取り戻した方法です 90 € 数年前(EDL +領収書)、手で配達された私のメールに続いて(私は切手を支払うつもりはありませんでした!)。領収書については、随時来て回収することになり、通過を警告します。

2.満足していない場合、次のようなテナント擁護機関に頼るオプションがありますADIL。詐欺の抑制または DGCCRF 彼らの行動は一般的に効果的です、私は別の問題のためにこれを自分で見ることができました。

3.家主を直接入力します 彼は自分の財産を自分で管理しないことを選択したので、注意が必要な場合があります。しかし、これは訴訟に対する好ましい解決策であり、これらの金額を友好的に払い戻すことができなかった場合の最後の手段です。

しかし、間違いなく、上記の兆候は、これらの過剰な請求を回避するのに十分なはずです!

この問題が発生しましたか?コメントであなたのステップを私たちに知らせてください!あなたは今までに払い戻されたことがありますか?どれだけ節約しましたか?私もあなたの質問に答えるためにここにいます。

あなたはこのトリックが好きですか? Facebookで友達と共有しましょう。

また発見する:

個人間のアパートの短期賃貸サイトの比較。

テナント:賃貸借契約に署名する前に予想する5つの費用。

最近の投稿