ハーブティー、注入、煎じ薬:さまざまな利点。

ハーブティー、煎じ薬、煎じ薬...ナビゲートするのは簡単ではありません!

しかし、違いを見分ける方法を知っていると、祖母の治療法の植物を最大限に活用することができます。

ハーブティーは、沸騰したお湯に浸した植物から作られたあらゆる製剤です。

使用する植物の種類に応じて、これらのハーブティーを準備するさまざまな方法があります。したがって、煎じ薬と注入を区別します。

ハーブティー、煎じ薬、点滴のさまざまな利点

1.煎じ薬

煎じ薬の目的は、水中での調理中に、樹皮(白樺)、枝(タイム)、根(バレリアン)、種子(亜麻)などの植物の厚くて木質の部分から有効成分を抽出することです。

実行する方法 : 植物を冷水の鍋に入れ、水を沸騰させます。沸騰したら火を弱めます。

ふたをして20〜30分弱火で煮るのを忘れないでください。簡単に言えば、植物が厚いほど、調理時間は長くなります。

煎じ薬は冷たく飲んだり温めたりすることができます。

2.注入

点滴は、薬草医学(植物の世話)で使用される最も一般的な方法です。

この準備技術は、葉(ミント)、花(カモミール)、および皮の薄い特定のベリー(クランベリー)に使用されます。

実行する方法 : 水を沸騰させます。カップに植物を入れ、沸騰したお湯を注ぎます。 2〜3分間浸してから、得られた混合物を飲みます。

3.保持期間

どちらの場合も、得られた混合物は最大で1日保持できます。

そのため、一度に1回の使用に必要な量だけを準備することをお勧めします。

私たちの現代の薬の多くは、私たちの庭の植物から有効成分を取得しています。

家庭薬を準備するのが簡単ではるかに安いのに、なぜ彼らの利益を奪うのですか?

そして、製薬会社の活動が環境に与える影響についても話していません。

家に菜園がなくても、鉢植えで育てたり、オーガニックストアやハーブ屋ですぐに使えるようにするのは簡単です。

環境に優しく、倹約するもう一つの方法!

4.それらの使い方は?

煎じ薬、ハーブティー、煎じ薬には、健康と美容に多くのメリットがあります。

ハーブティー、点滴、植物の煎じ薬のために自宅でできるいくつかの用途があります。彼らはあなたに良いことをするだけです。見てください:

-自然治癒のための8つの最も効果的な注入。

-カモミールの注入で結膜炎を和らげます。

-髪のツヤが足りませんか?桜の茎を注入します。

-夜はぐっすり眠れるハーブティー。

-湿疹:知っておくべき祖母の効果的な治療法。

-自分を浄化するために生姜でハーブティーをデトックスするためのレシピ。

-便秘に対するハーブティーのレシピ。

使用上の注意:

祖母の治療法は、日常生活の小さな心配事を治療するのに非常に効果的です。

彼らは私たちがイエスかノーのために薬局に走ることを防ぎます。

ただし、症状が続く場合は、相談することをお勧めします。

あなたの番...

そして、あなた、どのハーブティーがあなたに最適ですか?コメントであなたの経験を共有してください。ご連絡をお待ちしております!

あなたはこのトリックが好きですか? Facebookで友達と共有しましょう。

また発見する:

癒しに欠かせない63の薬用植物。

12の薬用植物に基づく応急処置キット。

最近の投稿