チョコレートはどのくらいの期間保管しますか?

イースターはそこにありました、そしてそれは食器棚のチョコレートの復帰です。

私たちはそれを賭けることができます:鐘は子供たちに(そして多分あなたにも!)とても寛大でした。

そして、消化不良のリスクがない限り、チョコレートの在庫はかなり増えています。

安心してください !すぐに食べるためにチョコレートに飛び乗る必要はありません。チョコレートは非常によく保つそれらの製品の1つです。食通にはひどい!

その上、あなたはチョコレートをどのようにそしてどのくらいの期間保管するか知っていますか?

チョコレートを保管する期間

1.高温多湿から数ヶ月

チョコレートを適切に保管するための経験則は、 光を避け、涼しく乾燥した場所に保管してください.

このちょっとした予防策は、チョコレートの表面に白い膜が形成されるのを防ぎます。それは無害ですが、あなたがあなたのゲストにあなたの料理を提供したいときはかなり見苦しいです。

そこから、すべての「基本的な」チョコレート(クリームや特別な詰め物なし)を数か月間保管できます。

それら クリームやミルクをトッピング 一般的にサポート 1年間の保存、それ以上.

2.消費制限の指標日

いずれにせよ、それを覚えておいてください チョコレートは、最適な消費日を持つ製品の1つです 賞味期限ではありません。

具体的には、メーカーは製品がすべての味の特性を保持することを保証していませんが、あなたは実行しません ノーリスク 示された日付を超えてそれを消費する。

イースター休暇が過ぎたら、残ったチョコレートをすべて調理して老いも若きも喜ばせることを妨げるものは何もありません!

あなたの番...

あなたは定期的にチョコレートを買いだめしていますか?コメントでそれを保つためにあなたのヒントを私と共有することを躊躇しないでください。ご連絡をお待ちしております!

あなたはこのトリックが好きですか? Facebookで友達と共有しましょう。

また発見する:

残り物のチョコレートを調理するための私の3つのアイデア。

半額のイースターチョコレートが登場!

最近の投稿